椀三種

左、雷椀(らいわん)姉妹椀なので風椀も作っている  右、端反椀

サイズは約130×85

 

文椀(ふみわん) このお椀の誕生月にあたる文月から取った名前。大ぶりな椀。

サイズ約145×75

 

器紹介  初椀、盛椀、末椀
初椀(はつわん)、盛椀(さかりわん)、末椀(すえわん)
私が作っている器のなかで基本的な形の大中小サイズの3種です。
まず最初に漆器をお使いになるお客様にはこちらをお勧めしています。
漆器の基本は御飯お味噌汁、
漆器に相性が良い食べ物も御飯とお味噌汁だと思っております。
このお椀を使って富士山もかすむほどに山盛りに御飯を盛って、食べていただきたい。
インスタントでも構いません、味噌汁をお行儀悪くズズズーと啜りあげてください。
5/28,29開催のクラフトフェア松本にも出品致します。



左から初椀、盛椀、末椀


初椀 サイズ約132×77


盛椀 サイズ約122×73


末椀 サイズ約118×65

 
器紹介 取り鉢と猪口
定番として作っているもの。
「クラフトフェアまつもと2016」にも出品予定をしています。

 
<取り鉢> タマ縁が付いているので引っかかりがあり持ちやすい
夏は麺類の取り鉢、冬は鍋の取り鉢に *でも用途は自由です


背の低いこぶりな器 サイズ約120弌高50

 
<猪口> お酒にもそば猪口にも *しかし用途は自由です


手に包まれる感じがします
是非ご覧になってください
サイズ約80弌高60
 
・Categories
・SNS
・出展情報
「フィールドオブクラフト倉敷」
2018年5月12日(土)–13日(日)
倉敷市芸文館前広場(岡山)
>>終了しました
「飯碗と汁椀展」
2018年3月2日(金)–3月28日(水)
うつわ京都やまほん(京都市)
「生活工芸展」
2017年3月18日(土)–3月9日(日)
gallery yamahon(三重県)
・器の取扱店
・Profile/Contact
・Archives
・Selected Entries