<< 漆の苗栽培 | main | 引っ越しをした。 >>
毛虫退治(毛虫が苦手な方は見ない方がいい)

運悪く私が掻く予定の漆の山で毛虫の大量発生がおこり、
一日毛虫退治に追われる。
クスサンという蛾の幼虫で、春に山をまわった際に、
卵がたくさん漆の木に産み付けられていたから「今年は怪しいな」と思っていた。
興味がある方は、クスサンの幼虫を調べてみてほしいのだけど
とんでもないやつだ。
初めてこいつが目の前に現れたとき「ォ〜カイジュウ」と思った。
知り合いの漆掻きはこの毛虫がしゃべったのを聞いたそうだが、
悔しいがそれは幻聴だろうけど、一言二言しゃべってもおかしくないほどの
堂々たる豊満な肉体と妖艶な雰囲気を有しているのは間違いない。
まだこんなに小さく体の色も違うのに、
夏のわずかな時期であんなにおおきく変化するのだろうか?
変化するのだけど本当に不思議だ。
食欲は激しく旺盛で、とりつかれた木(漆をはじめ、栗、楢、くるみなど)
の葉っぱがあっというまに食い尽くされてしまうから
今のうちに除去しなければならない。



漆の山 下草がだいぶ伸びてきた



葉も成長してきた



食害された葉



クスサンの幼虫初期段階 こんなのがたくさんいます。



幼虫の卵塊抜け殻


 
・Categories
・SNS
・出展情報
「うつわベーシック 碗と椀」
2019年3月13日(水)–5月13日(月)
国立新美術館B1階 SFT GALLERY(東京)
>>詳しくはこちら
「フィールドオブクラフト倉敷」
2018年5月12日(土)–13日(日)
倉敷市芸文館前広場(岡山)
>>終了しました
「飯碗と汁椀展」
2018年3月2日(金)–3月28日(水)
うつわ京都やまほん(京都市)
>>終了しました
・Profile/Contact
・Archives
・Selected Entries